役に立たなかった勉強法(一次試験)

一次試験

こんにちは。まっころです。

今回は、私が一次試験の勉強してきた1年9カ月の経験を元に、役に立たなかった勉強法をご紹介したいと思います。

診断士試験の勉強(特に一次試験)は「過去問を解くこと」が中心となります。ここで紹介する勉強法は避け、ぜひ過去問中心の勉強法で実力をつけてほしいと思います。

スポンサーリンク

テキストをノートにまとめる

もう、本当にやめた方がいいです。非常に効率が悪い上に、勉強した気になってしまいます。

私も、企業経営理論と財務・会計の途中まで、まとめノートを作っていました。最初に読んだ本に、「まとめノートを作り、そのまとめノートを隙間時間に見て勉強する」とあったので、その通りにしたのです。

ただ、

  • ノート作りに多くの時間がかかる
  • 作ったノートを見ても内容を思い出せない
  • 問題が解けるようにならない

ということで、結局はテキストを見ながら問題集をやっていました。なので、ノートを作る時間はまるっと無駄でした。

私ががんばって作ったノート3冊分のまとめノートです。相当な時間をかけましたが、「なんとなく勉強した気がした」だけで、問題を解けるようにはなりませんでした。

最後の画像は「財務・会計のまとめノート」ですね。財務のテキストをノートにまとめるなんて、正気の沙汰とは思えませんよね(笑)早く問題を解きなさいよ。

同じような勉強をしている人いませんか?やめたほうがいいと思います。

スポンサーリンク

テキストをエクセルにまとめる

「ノートにまとめる」と似たようなものですが、これも効率が悪い方法でした。

主に経営法務でやりましたが、問題を解けるようにはなりませんでした。下の画像は、頑張って作ったエクセル版まとめの一部ですが、結局「劣化版テキスト」が出来上がるだけなんですよね。

スポンサーリンク

暗記カードを作る

暗記カードはある条件下では効果がありましたが、「最初に暗記カードを作って用語を覚え、問題を解けるようにする」という使い方は意味がありませんでした。

特に2日目の3科目(情報・法務・中小)は暗記カードが役に立ちそうですが、いきなり暗記カードを作ってはダメです。何故かというと、得た知識を問題を解くために活かせないんですね。

知識を得る流れとして、

  1. 知識を得る
  2. 覚えた知識を使って問題を解く

ではなく、

  1. 問題を解こうとする
  2. 解けない
  3. 問題を解くために必要な知識を知る
  4. そのための知識をテキストから得る

という順序が良いと思います。

私が過去問を解きながら、必要だと感じた知識をまとめた単語ノートです。最後の追い込みに役立ちました。

スポンサーリンク

とにかく過去問を

まとめノート作りや単語帳作りって、注意しないと「頭を使わない勉強法」になってしまいます。だから疲れないので、そっちに逃げてしまいがちなんですよね。

でもやっぱり「頭を使う勉強法」から逃げてはいけないと思います。

特に一次試験の勉強は、早く過去問に辿り着き、過去問中心で勉強を進めることが重要です。ここで紹介した勉強法は、やめたほうがいいと思います。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

↑ブログランキング参加中!記事が面白かったらぜひ1ポチお願いします!

一次試験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
受験お役立ち情報をつぶやき中
中小企業診断士まっころの独学合格記

コメント