独学合格までにかかったお金

その他全般

こんにちは。まっころです。

今回は、独学で勉強を進める上で、合格までにかかるお金について、書いていきたい思います。

独学を選ぶ理由は、主に「時間」と「お金」だと思いますが、独学でも最低限のお金はかかってしまいます。かかる費用は人それぞれだと思いますが、ここでは私が2年間で使った費用を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

受験料

当たり前ですが、受験料は絶対にかかります(笑)

中小企業診断士の受験料、けっこう高いんですよね。特に二次試験は、口述試験の受験料も含まれていますので、けっこう高いです。当然、筆記で落ちても返ってきません。お金の面からも、出来るだけ早く受かりたいですよね。

私は、2017年の一次試験に落ち、2018年の一次・二次試験に合格しましたので、合計3回受験料を支払ったことになります。

  • 一次試験(平成29年度分):13,000円
  • 一次試験(平成30年度分):13,000円
  • 二次試験(平成30年度分):17,200円
  • 合計:43,200円
スポンサーリンク

テキスト代(一次試験)

テキスト購入にも、大きな費用がかかりますね。私は全てTACテキストを使いました。

  • TAC スピードテキスト 7科目分:18,252円
  • TAC スピード問題集 7科目分:11,664円
  • TAC 過去問題集:9,639円
  • 合計:39,555円

「年々値上がりしている」「過去問は7科目まとめて購入したので割安になっている」といった事情があるので単純な掛け算にはなっていません。けっこうかかってますね・・・。

スポンサーリンク

関連書籍代(一次試験)

関連書籍は必須ではありませんが、テキストだけでは理解が深まらない時に、必要に応じて購入する必要があるかもしれません。

私は以下の書籍を一次試験の参考書籍として購入しました。ただ、あまり役に立たなかった本も多く、ざっと読んで終わりにしました。

主にAmazonで中古を購入しましたので、安く上がっていますね。「青木 幹晴 全図解トヨタ生産工場のしくみ」はイラスト入りで分かりやすく、けっこうお勧めです。

スポンサーリンク

テキスト≒参考書籍代(二次試験)

二次試験は、これといったテキストは無いと思います。そういう意味では、全てが参考書籍とも言えます。私は以下の書籍を購入しました。

ブログやツイッターなどで情報収集しながら購入しましたが、結果的に「ハズレ」は無く、全てお勧めできる書籍です。私がもし、もう一度二次試験を受けるとしても、全て買うと思います。

ストレート生は特に、二次試験まで時間がありません。「良さそう」と思ったものは即購入していました。

中でも「ふぞろいシリーズ」は独学生のみならず、予備校生にも有効です。さらにその中でも10年データブックは10年分の過去問が収録されており、必須と言えます。問答無用で買いましょう。

スポンサーリンク

カフェ代

意外にバカにならないのがカフェ代。家で勉強しにくかったり、仕事帰りに勉強したり。ここは記憶に頼るしかありませんが、年間20回×500円×2年分=20,000円くらいだったと思います。

  • 合計:20,000円
スポンサーリンク

筆記用具代

これも記憶頼りになりますが、多分5,000円くらいだと思います。電卓やフリクション蛍光ペン6色パックと買いましたし、そもそもシャープペン・ペンケースも持っていませんでしたからね。

  • 合計:5,000円
スポンサーリンク

総合計

総合計です。

  • 受験料:43,200円
  • テキスト代(一次試験):39,555円
  • 関連書籍代(一次試験):3,996円
  • テキスト≒参考書籍代(二次試験):26,765円
  • カフェ代:20,000円
  • 筆記用具代:5,000円
  • 総合計:138,516円

いかがでしょうか?

独学でも最低限これくらいの費用はかかってくると思います。最近は安い通信講座もありますので、迷うところだと思います。

通信講座の場合、一括で最初に支払う必要があると思いますが、私にはその覚悟がなく、テキストをちょこちょこ購入する道を選びました。

あ、そういえば、二次試験合格後の実務補習に15万円くらいかかるみたいですね・・・。それを足すと合計30万円くらいですね。みなさん、節約していきましょう・・・。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

↑ブログランキング参加中!記事が面白かったらぜひ1ポチお願いします!

その他全般
スポンサーリンク
スポンサーリンク
受験お役立ち情報をつぶやき中
中小企業診断士まっころの独学合格記

コメント