勉強時間の作り方(1日のスケジュール)

その他全般

こんにちは。まっころです。

今回は、私の1日のスケジュールを書いていこうと思います。

ブログのタイトルにもなっているように、私は残業を月50時間くらいしながら、独学で勉強していました。

週1くらいでノー残業デーがありましたので、1日の平均残業時間は3時間ちょっとくらいです。「21時くらいに退社」が標準でした。

ちなみに、私の1日の勉強時間の平均は、

  • 一次試験期間中:1日あたり27.9分
  • 二次試験期間中:1日あたり2時間10分

です。

毎日しっかり勉強していたっぽく書いていますが、あくまで「こういった時間の使い方を目指していた」っていうことで、全然その通りにやれていませんでした。

それを踏まえて読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

平日の勉強時間(残業がある日)

5:00〜6:00 早朝の時間を使って勉強

6時に妻、6時半に息子が起きてくるので、朝5時に起きて勉強してました。この1時間はとても貴重です。

せっかく起きたのに息子が起きてきてしまい、全く勉強できないということが、稀によくありました(笑)

6:00~8:00 朝の準備など

朝の準備をしたり、息子に朝ご飯を食べさせたり、保育園に送っていったりしていました。

8:00〜8:30 通勤時間を使って勉強

朝の通勤時間を使って勉強です。勉強している間は、常に何かのテキストがカバンに入っていましたね。

8:30~12:15 仕事

仕事です。12:00~12:15の15分間で、お弁当を食べます。

12:15〜12:45 お昼休憩を使って勉強

お昼ご飯を素早く食べた後、テキストや参考図書を読んだりしてました。

12:45~21:00 仕事

仕事です。21:00に退社して、ギリギリ家で1時間勉強できるくらいなので、21:00退社を目指して仕事をしてました。

21:00を過ぎることもよくありましたが、そういった日は勉強はできませんでした。

21:00〜22:00 通勤時間を使って勉強

帰りの通勤時間を使って勉強です。朝と時間が違いますが、朝は息子を保育園に送ってから出勤してたので乗る駅が異なり、通勤時間が少ないんですよね。

帰りは約1時間使えるので、けっこうバカにならないです。

22:00~23:00 帰宅後

夜ご飯を食べたり、お風呂に入ったり。洗い物もします。

23:00〜24:00 寝る前の時間を使って勉強

机に座って勉強できるのは朝と夜しかないので、とても貴重です。ここで問題集や過去問をやっていました。

合計

4時間くらい。平日はこれが理想的な時間の使い方でした。

スポンサーリンク

平日の勉強時間(ノー残業デー)

朝~18:00まで 残業がある日と同じ

ノー残業デーは18時退社となります。それまでは普通の平日と変わりません。

ここまでにみっちり勉強したとすると、2時間勉強できていることになります。

18:00〜19:00 通勤時間を使って勉強

退社時間が早いですが、通勤時間は同じです(当たり前)

19:00~20:30 家族で夕食

ノー残業デーは家族で一緒に夕食です。私が早く帰ると息子が大喜びするので、嬉しいですね。

その後、息子と一緒にお風呂に入り、寝かしつけをしていました。

20:30〜22:00 寝落ち

寝かしつけをすると、ほぼ100%の確率で寝落ちしてしまいました。時間がもったいなさすぎる・・・。

寝落ち防止対策はいろいろ試しましたが、無理でした。息子より先に寝ますからね(笑)

22:00~23:00 家のこと

洗い物やアイロンがけ、その他もろもろ。妻に比べるとやっていた家事はごく僅かですが、一応やっていました。

23:00〜24:00 寝る前の時間を使って勉強

ノー残業デーでも結局、勉強開始時間は変わらないんですよね。

合計

結局4時間くらい。残業してもしなくても同じくらいでした。

スポンサーリンク

休日の勉強時間

5:00〜7:00 早朝の時間を使って勉強

休日は妻・息子が起きてくる時間が遅いので、上手くいけば2時間くらい勉強できました。

ただ、息子が・・・起きてくるんですよね・・・。この時間を潰されると本当に痛い。息子は2階で寝てるので、「ドタドタドタ・・・」と足音が聞こえた時点で静かにテキストを閉じます・・・。

7:00~14:00 家族の時間

妻・息子が起きてきたら家族の時間です。

14:00~15:00 息子が昼寝してる間に勉強

貴重な息子の昼寝タイムです。ただ、遊びに行ったりするとできませんし、徐々に昼寝もしなくなってきますし、半々くらいですかね。

15:00~23:00 家族の時間

息子が起きると勉強終了。夜まで一気に飛びます。

休日も寝かしつけながらやっぱり寝落ちし、その後家事をすると、だいたい23時くらいになってしまいます。

23:00〜24:00 寝る前の時間を使って勉強

休みの日でも結局、夜の勉強開始時間はあまり変わらなかったです。

合計

やっぱり4時間くらい。私の場合、休日も平日も勉強可能時間はあまり変わりませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

中小企業診断士の勉強は、家族・仕事と両立しながらという方がほとんどではないでしょうか。

中には母として子育て・仕事をしながら合格を目指している方もいらっしゃいますよね。本当にすごいと思います。

長い勉強期間です。仕事や家族を大事にしながら、頑張っていきましょう!

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

↑ブログランキング参加中!記事が面白かったらぜひ1ポチお願いします!

その他全般
スポンサーリンク
スポンサーリンク
受験お役立ち情報をつぶやき中
中小企業診断士まっころの独学合格記

コメント

  1. ゆたたみ より:

    家庭の時間も大事にしながら工夫して勉学時間を捻出されているんですね。とても凄いことだと思います。

    • まっころ maccolock より:

      ゆたたみさん。
      コメントありがとうございます。

      時間が限られていた分、集中して勉強できたんだと思います。
      1人だったら絶対サボってました。

      あと、妻と息子からの「5時に目覚まし鳴らすんだから絶対起きろよ」
      っていうプレッシャーも相当でした(笑)